有害な成分の入っていないものこそ本当の育毛シャンプー

最近シャンプーやリンスの成分にこだわる傾向が強まってきたと思う。

シャンプーは汚れを落とすものではなく、汚れも落とすが育毛シャンプーという言葉が当たり前のように使われている。

今自分が使っているシャンプーはノンシリコンと呼ばれるもので、ネットで検索してみた。

ノンシリコンというのは全くの造語で、コーティング剤が使っていないもののことを言うらしい。

先日美容院に行ったときにノンシリコンのことについて聞いてみた。

コーティングがされていると、髪の毛にも良くないし、マヌュキュアが浸透しにくいらしい。

素人が考えてるとコーティングは良さそうな気がするが、それがからだにとって悪いものであれば、当然髪の毛も傷んでくるわけである。

よく美容師の人はシャンプーをすると手が荒れると聞くが、シャンプーの有害さで手が荒れることをこの年になって知った。

その美容院ではシリコンの入っていないシャンプーを使うようになったら、手が荒れなくなったそうだ。

ではなぜコーティング剤を入れるのか。

すぐに髪の毛がつやつやになったりするからである。

育毛ではなく、見せかけのきれいな髪の毛になったにすぎない。

本当の育毛シャンプーとは何なのだろう。

私がノンシリコンシャンプーを使い始めてから、髪の質が良くなった気がする。

実際美容師の人にも髪質がいいと言われた。

育毛シャンプーとはある意味質が上がるということではないだろうか。

よく髪の毛の本数が少ないというが、実際には人によって多い少ないはあまり差がないと聞いたことがある。

髪の毛の一本一本の質が上がれば、細い人もコシやハリが出てくるだろうし、実際自分も細かった髪の毛が少しずつハリが出てきた。

育毛とは髪の毛を育てるための成分が入っているという意味だと思うが、有害な成分を入れなければ本来の髪質に戻ると思う。

Leave a Response