単身赴任するときの物件について

主に、男性の方であれば、仕事をしていると単身赴任をせねばならないことが、一度や二度はあるのではないでしょうか。
単身赴任を命じられて、その命令を断ることができるのかどうかわからないのですが、少なくとも断るようなことをしたら会社内での評判が悪くなるでしょうし、ひょっとしたら昇進にも響いてくるかもしれません。
実質、日本の企業で働いていると、私は絶対に単身赴任には行きません、行きたくありませんなどということは言えないのではないだろうか、と私は思います。

単身赴任をすることが決まったとしましょう。
現地の物件を探さないといけませんね。
実は、企業によっては、単身赴任の際には、物件を探す世話をしてくれる場合もあるようです。
その場合には、単身赴任といえども、何も心配をする様な必要はありませんね。
しかし、多くの企業においては、自分で物件を探さないといけないのではなかろうかと思います。
単身赴任の物件を選ぶ際に、何を重要視して物件を選べばいいのでしょうか。
私は少し考えてみることにしました。

まず、機能にはそんなにこだわらなくても良いのではないかと思います。
単身赴任の時には、愛する家族は一緒には来ないわけですから、自分1人であれば、そんなに豪華な物件にする必要もないのかなあと思います。
その代わりに、職場の近くの物件にして、通勤時間を短くすることが必要ではないかと思います。
単身赴任の間は、家族とのコミニュケーションが疎かになりがちではないかと思います。
子供がいる場合、愛情をそそいでやるべきです。
そのため、通勤時間を短くして、早く帰ってきて、家族と電話したり、テレビ電話することが必要ではないかと思います。

Leave a Response